カードローン地獄

カードローン地獄に陥る人の特徴

カードローンやキャッシングで即日借りれる【最短1時間融資】は、とても便利です。カード一枚さえあれば、限度額の範囲であれば簡単にお金を借りることができます。しかしその一方で、カードローン地獄を味わう人が多いことも忘れてはなりません。
まず、手軽ということは、気軽に、例えばちょっとした生活費のために借金をすることも、カード一枚でできてしまうのです。一般的な教育ローンや住宅ローンなどや、不動産などの担保のある借金と比べて、カードローンの利息はかなり高く設定されています。複利計算の場合、利息がさらに利息を生んで、借金はどんどん膨れ上がっていきます。そのため、元本が全く返済できないまま利息だけを払い続ける人が後を絶ちません。

ちょっとならいいや、とか、先のことは考えずにとりあえず今お金がほしいから借りてしまおう、という考えの方。
これが典型的なカードローン地獄に陥る人の特徴です。

たった10万でも15%の利息が付けば11万5千円。さらにその利息分の1万5千円が計画的に払えなければ、その1万5千円にさらに15%の利息が付くことになります。もちろん額が多ければ多いほど、そして借りる期間が長ければ長いほど、利息の量は増えていきます。
返すめどが立っていないお金は、いつまでもだらだらとお金を借りることになるため、借りる期間は必然的に長くなるのです。

ちょっとでも、自分は自己管理ができないな、カードローン地獄に陥りそうだな、と思い当たる節のある方は、なるべくカードローンを利用するのはやめたほうが賢明です。

もちろん、手軽に資金を借りられるというのはメリットでもあります。なので、しっかり計画を立ててカードローンを借りましょう。